購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > タ行 > > ダイベック, ニック > フリント船長がまだいい人だったころ
著訳者 > タ行 > > 田中 文 > フリント船長がまだいい人だったころ
ジャンル > ミステリ > フリント船長がまだいい人だったころ
ジャンル > 文芸 > フリント船長がまだいい人だったころ
種類 > 単行本 > フリント船長がまだいい人だったころ
 

フリント船長がまだいい人だったころ

価格: 1,870 円(税込)
原書名: WHEN CAPTAIN FLINT WAS STILL A GOOD MAN
ISBN: 9784150018627
刊行日: 2012/08/08
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

著者 ニック・ダイベック
翻訳 田中 文
ISBN 9784150018627

ハヤカワ・ミステリ1862

アメリカ北西部の海辺の町ロイヤルティ・アイランドでは、男たちは秋から半年ものあいだ厳寒のアラスカで漁に励み、妻たちは孤独に耐えながら夫の帰宅を待つ。
十四歳の少年カルは、いつか父とともにアラスカに行くことを夢見ていた。しかしある日、漁船団のオーナーが急死し、町の平穏は崩れ去る。跡継ぎのリチャードが事業を外国に売りはらうと宣言し、住人との対立を深めたのだ。その騒動のなかでカルは、大人たちが町を守るために手を染めたある犯罪の存在に気づく。
青春の光と影を描き切った鮮烈なデビュー作。


〈著者紹介〉
ミシガン大学卒業後、アイオワ・ライターズ・ワークショップで創作を学ぶ。2012年に発表した本書は、グランタ誌をはじめとする有名紙誌に絶賛された。ニューヨーク在住。 211862

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません