購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > サ行 > > 阪本 芳久 > そして世界に不確定性がもたらされた──ハイゼンベルクの物理学革命
著訳者 > ラ行 > > リンドリー, デイヴィッド > そして世界に不確定性がもたらされた──ハイゼンベルクの物理学革命
ジャンル > ポピュラー・サイエンス > そして世界に不確定性がもたらされた──ハイゼンベルクの物理学革命
ジャンル > ノンフィクション > そして世界に不確定性がもたらされた──ハイゼンベルクの物理学革命
ジャンル > 伝記/評論 > そして世界に不確定性がもたらされた──ハイゼンベルクの物理学革命
種類 > 単行本 > そして世界に不確定性がもたらされた──ハイゼンベルクの物理学革命
 

そして世界に不確定性がもたらされた──ハイゼンベルクの物理学革命

価格: 1,980 円(税込)
原書名: Uncertainty
ISBN: 9784152088642
刊行日: 2007/10/17
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

デイヴィッド・リンドリー
阪本 芳久
ISBN 9784152088642

科学には限界があり、未来は混沌しかない?
 1927年、若きドイツ人物理学者のハイゼンベルクは、量子力学の根幹をなす「不確定性原理」の考え方を初めて世に送り出した。すなわち、因果律に従い完璧に予測されるものだと考えられていた世界が、偶然と確率と可能性に支配された不正確なものに代わってしまったのである。これはあまりにも革新的な概念だった。当時すでに著名な科学者であったアインシュタインはこの原理を認めようとせず、また、ハイゼンベルクとその師ボーアとの間にも確執が生まれた。科学界だけではなく、文学や哲学にも大きな波紋をよんだ。
 だが、量子論と不確定性の考え方は、ある日突然現われたものではない。浮遊した微粒子がランダムに動くブラウン運動など、19世紀には不規則で統計的な現象の存在が明らかになっていた。また、第一次大戦後、敗戦国の屈辱を味わっていたドイツには、科学者の間にも決定論的な運命を認めたくないという向きが強まっていた。あとはただ一人の若き秀才の登場を待つのみだったのである。
 世界を揺さぶった不確定性の概念と、それをめぐる著名な科学者たちの人間ドラマとをみごとに描き出した、渾身の科学ノンフィクション。

0000113530

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません