購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 

堀 茂樹

総 7件

  • シンプルな情熱

    シンプルな情熱

    アニー・エルノー 
    ハヤカワepi文庫/ISBN:9784151200205/発売日:2002/07/25
     

    880円

    数量

  • どちらでもいい

    どちらでもいい

    アゴタ・クリストフ 
    ハヤカワepi文庫/ISBN:9784151200496/発売日:2008/05/09
    もはや来ることのない列車を待ちつづける老人の狂気と悲しみを描く「北部行きの列車」。まるで著者自身の無関心を象徴するかのような表題作「どちらでもいい」他に加えて、単行本未収録の初期短篇「マティアス、きみは何処にいるのか?」追録。筆を折り続ける著者の絶望と喪失感が色濃く刻まれた異色の作品集

    792円

    数量

  • 悪童日記

    悪童日記

    アゴタ・クリストフ 
    epi文庫/ISBN:9784151200021/発売日:2001/05/23
    戦火の中で彼らはしたたかに生き抜いた──大都会から国境ぞいの田舎のおばあちゃんの家に疎開した双子の天才少年。人間の醜さ、哀しさ、世の不条理──非情な現実に出あうたびに、彼らはそれをノートに克明に記す。独創的な手法と衝撃的な内容で全世界に感動と絶賛の嵐を巻き起した女性亡命作家のデビュー作。

    726円

    数量

  • マーチ博士の四人の息子

    マーチ博士の四人の息子

    ブリジット・オベール 
    ミステリ文庫/ISBN:9784151708015/発売日:1997/02/27
     

    924円

    数量

  • ふたりの証拠

    ふたりの証拠

    アゴタ・クリストフ 
    epi文庫/ISBN:9784151200120/発売日:2001/11/16
    戦争は終わった。過酷な時代を生き延びた双子の兄弟の一人は国境を越えて向こうの国へ。一人はおばあちゃんの家がある故国に留まり、別れた兄弟のために手記を書き続ける。強烈な印象を残した『悪童日記』の続篇。主人公と彼を取り巻く多彩な人物を通して、愛と絶望の深さをどこまでも透明に描いて共感を呼ぶ。

    748円

    数量

  • 第三の嘘

    第三の嘘

    アゴタ・クリストフ 
    epi文庫/ISBN:9784151200168/発売日:2002/03/15
    ベルリンの壁の崩壊後、双子の一人が何十年ぶりかに、子どもの頃の思い出の小さな町に戻ってきた。彼は少年時代を思い返しながら、町をさまよい、ずっと以前に別れたままの兄弟を探し求める。双子の兄弟がついに再会を果たしたとき、明かされる真実と嘘とは?『悪童日記』にはじまる奇跡の三部作、堂々の完結篇

    726円

    数量

  • 昨日

    昨日

    アゴタ・クリストフ 
    epi文庫/ISBN:9784151200359/発売日:2006/05/09
    娼婦の子トビアスは戦争孤児を装って国境を越えた。異邦にて工場労働者となった彼は、来る日も来る日も惨めな単調作業に明け暮れる。トビアスに残された希望はただひとつ、自らの夢想のなかにだけ存在する女リーヌに出会うこと……。『悪童日記』著者が幻想と不条理を交えて綴るラブストーリー。解説/川本三郎

    682円

    数量