購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > ア行 > > ウィット, スティーヴン > 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち
著訳者 > サ行 > > 関 美和 > 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち
刊行年月 > 2018年 > 03月 > 文庫 > 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち
種類 > ハヤカワ文庫NF > 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち
ジャンル > ノンフィクション > 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち
 

誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

価格: 1,015 円(税込)
原書名: HOW MUSIC GOT FREE
ISBN: 9784150505189
刊行日: 2018/03/06
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

スティーヴン・ウィット
関 美和
ISBN 9784150505189

ビジネスモデルの大転換を描く傑作ノンフィクション

CDからダウンロード販売、そして定額制ストリーミング配信へと、音楽の聴き方はこの20年で大きく変わった。 mp3という革新的な音声圧縮技術の発明、海賊版音源をインターネット上に流すリーク集団の暗躍、レコード会社側の広告収入モデルへのシフト…… 音楽産業を「殺した」真犯人は、一体どこにいる? 現在進行形の事象に綿密な取材とスリリングな筆致で迫り、絶賛を浴びたビジネス・ノンフィクション。 解説/宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)
0000090518

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません