著訳者 > マ行 > > マーフィー, バーナデット > ゴッホの耳―天才画家 最大の謎―
著訳者 > ヤ行 > > 山田 美明 > ゴッホの耳―天才画家 最大の謎―
刊行年月 > 2017年 > 09月 > 単行本 > ゴッホの耳―天才画家 最大の謎―
ジャンル > エッセイ > ゴッホの耳―天才画家 最大の謎―
ジャンル > ノンフィクション > ゴッホの耳―天才画家 最大の謎―
ジャンル > 伝記/評論 > ゴッホの耳―天才画家 最大の謎―
種類 > 単行本 > ゴッホの耳―天才画家 最大の謎―
 

ゴッホの耳―天才画家 最大の謎―

価格: 2,376 円(税込)
原書名: VAN GOGH'S EAR:The True Story
ISBN: 9784152097132
刊行日: 2017/09/21
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

バーナデット・マーフィー
山田 美明
ISBN 9784152097132

各紙絶賛! 著者出演のBBCドキュメンタリーが放送


彼はなぜ耳を切ったのか?

衝撃の事件をめぐる128年目の真実

1888年12月、南フランスのアルル。画家のフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-90)は自らの片耳を切り落とす――
彼はなぜこんな衝撃的な事件を引き起こしたのか?
新発見資料を通して、美術館だけでは知り得ないゴッホが生きた世界が浮かび上がる。
娼館の女将や娼婦、カフェのパトロンや警察、彼が愛した弟のテオ、芸術家たち、そして同居したゴーギャン。
耳を贈られた謎の女性「ラシェル」とは何者なのか?
また、ゴッホが切ったのは耳たぶなのか、それとも耳全体をそぎ落としたのか?
「天才画家」ゴッホの知られざる一面をあぶり出す傑作ノンフィクション。

解説/斎藤環

装画:『自画像』フィンセント・ファン・ゴッホ 1888年11-12月 アルルにて 提供/アフロ

装幀:仁木順平

著者紹介
バーナデット・マーフィー
Bernadette Murphy
イギリス生まれ の作家。成人してから南フランスに移住し、さまざまな仕事に従事するなかで、アルル時代のゴッホについて調べ始める。デビュー作となる本書は大きな反響を呼び「BBC RADIO 4」が選ぶ「BOOK OF THE WEEK」に選出。2016年に本書に基づくBBCのドキュメンタリー番組に出演し話題を呼ぶ。

訳者略歴
山田美明(やまだ・よしあき)
英語・フランス語翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退。訳書にラーソン『ミレニアム』、ピケティ『格差と再配分』(以上共訳、早川書房刊)、ロッダム『僕はゴッホ』、バージェス『食い尽くされるアフリカ』、ダベンポート&カービー『AI時代の勝者と敗者』、他多数。

0005209713

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません