購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • AXNミステリー
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • アサシン映画DVD発売
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
映像化作品 > セガ vs. 任天堂 上
著訳者 > ハ行 > > ハリス, ブレイク・J > セガ vs. 任天堂 上
刊行年月 > 2017年 > 03月 > 単行本 > セガ vs. 任天堂 上
ジャンル > ノンフィクション > セガ vs. 任天堂 上
ジャンル > 伝記/評論 > セガ vs. 任天堂 上
ジャンル > ビジネス > セガ vs. 任天堂 上
種類 > 単行本 > セガ vs. 任天堂 上
 

セガ vs. 任天堂 上

価格: 2,484 円(税込)
原書名: Console Wars: Sega, Nintendo,
ISBN: 9784152096777
刊行日: 2017/03/23
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

ブレイク・J・ハリス
仲 達志
ISBN 9784152096777

ソニー・ピクチャーズ映画化。全米公共ラジオほか多くのメディアで年間ベストブック。

成毛眞氏、山本貴光氏、推薦!

弱小企業セガは、巨人・任天堂をいかにして打ち破ったのか? ソニー・ピクチャーズ映画化予定の傑作ビジネス・ノンフィクション!

1990年、任天堂はアメリカにおける家庭用ゲーム機市場の90%超を握る圧倒的な存在だった。一方、セガは大いなる野心を秘めた注目株だったものの、アーケードゲーム専門の中小メーカーにすぎなかった。だが、トム・カリンスキーがセガ・オブ・アメリカのC EOに就任したのを機に、潮目が変わりはじめる――。
「チーム・カリンスキー」が次々に繰り出す常識破りの奇策は、セガと任天堂の間に莫大な収益をめぐる「仁義なき戦い」を引き起こした。ソニックとマリオ、日本とアメリカがにらみ合い、家庭から米連邦議会に至るまで、あらゆる戦場で繰り広げられた激闘の 行方は? 600億ドル産業を生み出した企業戦争の内幕に、200人を超える取材で迫る痛快群像ノンフィクション。
(序文:セス・ローゲン&エヴァン・ゴールドバーグ)

著者紹介
ブレイク・J・ハリス(Blake J. Harris)
ニューヨーク在住の作家・映像ディレクター。ジョージタウン大学卒業。デビュー作である本書(2014年)は、NPR(全米公共ラジオ放送)、《パブリッシャーズ・ウィークリー》、《スレート》ほか各種メディアで年間ベストブックに選ばれ、絶賛を浴びる。 本書に基づくドキュメンタリー映画で共同監督(スコット・ルーディン、セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグがプロデュース)、ソニー・ピクチャーズ版でもエグゼクティブ・プロデューサーを務める予定。
公式サイト:www.blakejharris.com
訳者略歴
仲 達志(なか・たつし)
翻訳家。主な訳書に、ピリング『日本 - 喪失と再起の物語』、マーフィー『日本‐呪縛の構図』(以上早川書房刊)、ホーマンズ『犬が私たちをパートナーに選んだわけ』、レヴィ『グーグル ネット覇者の真実』(共訳)など。


「これまで読んだノンフィクションのなかでも断トツでトップの1冊だ」
――ポール・タッシー《フォーブス》

「1ページ目から惹きこまれた」
――ベン・メズリック(『フェイスブック』著者)

「強烈な個性の持ち主たちが織りなすワクワクする物語……いま明かされる驚くべき歴史……必読書だ」
――《パブリッシャーズ・ウィークリー》
(★付きレビュー)
0005209677

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません