著訳者 > カ行 > > 倉橋 健 > アーサー・ミラー
著訳者 > マ行 > > ミラー, アーサー > アーサー・ミラー
刊行年月 > 2017年 > 02月 > 文庫 > アーサー・ミラー
ジャンル > 文芸 > アーサー・ミラー
ジャンル > 戯曲/演劇 > アーサー・ミラー
種類 > ハヤカワ演劇文庫 > アーサー・ミラー
 

アーサー・ミラー

価格: 1,620 円(税込)
原書名: ALL MY SONS, A VIEW FROM THE B
ISBN: 9784151400377
刊行日: 2017/02/09
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

アーサー・ミラー
倉橋 健
ISBN 9784151400377

巨匠の傑作を初文庫化!

田原総一朗氏(ジャーナリスト)
「いつの時代も権力の暴走は日常を壊す。現代の我々に警鐘を鳴らす、まったく古びない物語」

ピュリッツァー賞作家による傑作戯曲!

第二次大戦後のアメリカ。特需により事業を成功させたジョーと、息子の戦死を受け容れられないケイト夫婦のもとへ、一家の恐るべき秘密を知る人物が来訪し……(「みんな我が子」)。ブルックリンに暮らすエディは、不法移民の従兄弟ロドルフォを匿う。だが溺愛する姪とロドルフォが恋仲になると、エディは正気を失っていくのだった――(「橋からのながめ」)。戦争や家族の問題を描く傑作2篇を収録。解説/広田敦郎
著者紹介
アーサー・ミラー
1915年ニューヨークに生まれる。ミシガン大学で演劇を学び、在学中からラジオ・ドラマの脚本を執筆。1944年『幸運な男』でブロードウェイ・デビュー。1947年『みんな我が子』で注目を集める。『セールスマンの死』(1949年)は、エリア・カザン演出で、トニー賞、ピュリッツァー賞を受賞。『荒馬と女』など映画脚本、小説や評論と幅広く活躍した。1965?69年、国際ペンクラブ会長を務めた。私生活では女優のマリリン・モンローと結婚していたことでも知られる。2005年2月没。

訳者紹介 倉橋健
1919年生。早稲田大学文学部英文科卒, 早稲田大学教授, 演劇博物館館長を歴任, 2000年5月没 訳書『アーサー・ミラー自伝』『北京のセールスマン』ミラー, 『演技について』オリヴィエ〔共訳〕(以上早川書房刊)他多数。
0000330037

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません