著訳者 > ワ行 > > ワイナー, エリック > 世界天才紀行
刊行年月 > 2016年 > 10月 > 単行本 > 世界天才紀行
ジャンル > エッセイ > 世界天才紀行
ジャンル > ポピュラー・サイエンス > 世界天才紀行
ジャンル > ノンフィクション > 世界天才紀行
ジャンル > 伝記/評論 > 世界天才紀行
種類 > 単行本 > 世界天才紀行
 

世界天才紀行

価格: 2,808 円(税込)
原書名: THE GEOGRAPHY OF GENIUS
ISBN: 9784152096456
刊行日: 2016/10/21
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

エリック・ワイナー
関根 光宏
ISBN 9784152096456

ハヤカワ・ノンフィクション

ヤマザキマリ氏(漫画家)推薦!
「天才が育まれてきた環境には、彼らの特異性を受け入れる土壌と、それを認める寛大な社会があった!」

古今東西の天才たちを輩出した土地をたずね歩く、愉快で深い旅行記。

〇ソクラテスもプラトンもアテナイを歩き回って思索を深めた。
〇レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロはフィレンツェの路上で口論した。
〇アダム・スミスとデイヴィッド・ヒュームはエディンバラのパブで日夜議論を闘わせた。
〇モーツァルトはウィーンの喧騒を愛し、ベートーヴェンはこの街で数十回の引っ越しをした。
〇失敗に寛容なシリコンバレーで、スティーブ・ジョブズはアイデアを育んだ。


きら星のごとき天才たちが、特定の時代の特定の場所に集団で現れるのはなぜか?
  世界的ベストセラー『世界しあわせ紀行』の著者が、古今東西の天才を生んだ土地を訪ねて、
アテネからシリコンバレーまで7都市を旅するユーモアとウィットあふれる思索紀行。

■著者紹介
エリック・ワイナー(Eric Weiner)
アメリカのジャーナリスト。『ニューヨーク・タイムズ』の記者を経て、NPR(全米公共ラジオ)の特派員としてニューデリー、エルサレム、東京などに暮らし、30カ国以上で取材した経験を持つ。世界で最も幸せな国を探す旅をつづった『世界しあわせ紀行』(2008年。邦訳は早川書房刊)は全米ベストセラーとなり、20カ国語以上に翻訳された。ほかに、宗教をテーマにした旅行記Man Seeks God(2011年)。本書(2016年)は『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラー・リストに登場し、さまざまなメディアに取り上げられ話題を呼ぶ。妻、娘、2匹の手に負えないネコとワシントンDCに在住。自転車と寿司(とくに鉄火巻き)を愛する。著者サイト:www.ericweinerbooks.com/

■訳者略歴
関根光宏(せきね・みつひろ)
翻訳家。訳書に、ワイナー『世界しあわせ紀行』、キャンベル『千の顔をもつ英雄〔新訳版〕』(共訳)、ストーン&カズニック『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 2』(共訳、以上早川書房刊)、ジンサー『イージー・トゥ・リメンバー:アメリカン・ポピュラー・ソングの黄金時代』ほか多数。
0000113462

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません