購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • AXNミステリー
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • アサシン映画DVD発売
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
フェア > ハヤカワ文庫補完計画 > パリは燃えているか?〔新版〕 上
著訳者 > カ行 > > コリンズ, ラリー > パリは燃えているか?〔新版〕 上
著訳者 > サ行 > > 志摩 隆 > パリは燃えているか?〔新版〕 上
著訳者 > ラ行 > > ラピエール, ドミニク > パリは燃えているか?〔新版〕 上
刊行年月 > 2016年 > 02月 > 文庫 > パリは燃えているか?〔新版〕 上
ジャンル > ノンフィクション > パリは燃えているか?〔新版〕 上
ジャンル > 伝記/評論 > パリは燃えているか?〔新版〕 上
種類 > ハヤカワ文庫NF > パリは燃えているか?〔新版〕 上
 

パリは燃えているか?〔新版〕 上

価格: 1,188 円(税込)
原書名: Is Paris Burning?
ISBN: 9784150504557
刊行日: 2016/02/09
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

ラリー・コリンズ
ドミニク・ラピエール
志摩 隆
ISBN 9784150504557

創立70周年記念作品

創立70周年記念作品

沢木耕太郎氏(作家)推薦
「現代ノンフィクションにおける叙述スタイルの革命は、この著者の、この作品から始まったのだ」

柳田邦男氏(ノンフィクション作家)感嘆
「戦後70年の間に世界で書かれてきたすぐれた戦史ドキュメントの中で十指に入る作品だ」
(本書解説より)

第二次大戦末期、敗北を重ね追い詰められたヒトラーは命じた。「パリを敵の手に渡すときは、廃墟になっていなければならない!」この命令を受けたコルティッツ将軍により、ドイツ占領下のパリの街なかには、至る所に爆薬が仕掛けられた。エッフェル塔、凱旋門、ノートル=ダム寺院、ルーヴル美術館……世界が愛する美しい街並みは、灰燼に帰してしまうのか? 1944年8月のパリ攻防をめぐる真実を描いたノンフィクション。

ラリー・コリンズ
Larry Collins
1929年、アメリカのコネティカット州生まれ。イェール大学を卒業後、UPI、《ニューズウィーク》の特派員として北アフリカ、中東、ヨーロッパの各地で活躍。1954年にパリでラピエールと知り合い意気投合。1965年に発表した本書は、半世紀近くを経てもなお読み継がれる名著であり、同名映画化もされている。本書につづきラピエールとの共著で発表したノンフィクション『さもなくば喪服を』『おおエルサレム!』『今夜、自由を』、小説『第五の騎手』も世界中でベストセラーとなった。単著では小説『怒りの核ミサイル』(以上早川書房刊)を発表。2005年没。

ドミニク・ラピエール
Dominique Lapierre
1931年フランス生まれ。《パリ・マッチ》誌の特派員としてヨーロッパ、アメリカ、アジアで活躍。熱心な慈善家としても知られ、81年にはインドに子どものための人道支援団体を設立、スラム街のハンセン病患者の救済に尽力している。

0000090455

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません