著訳者 > ア行 > > 安藤 佳子 > わが闘争 父の死
著訳者 > ア行 > > 岡本 健志 > わが闘争 父の死
著訳者 > カ行 > > クナウスゴール, カール・オーヴェ > わが闘争 父の死
刊行年月 > 2015年 > 09月 > 単行本 > わが闘争 父の死
ジャンル > ミステリ > わが闘争 父の死
ジャンル > 文芸 > わが闘争 父の死
ジャンル > エッセイ > わが闘争 父の死
ジャンル > ノンフィクション > わが闘争 父の死
ジャンル > 伝記/評論 > わが闘争 父の死
種類 > 単行本 > わが闘争 父の死
 

わが闘争 父の死

価格: 4,104 円(税込)
原書名: Min Kamp
ISBN: 9784152095626
刊行日: 2015/09/19
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

カール・オーヴェ・クナウスゴール
岡本 健志
安藤 佳子
ISBN 9784152095626

想像を絶するほど赤裸々に描かれる家族の肖像と、青春の日々。世界を席巻した破格の自伝的小説。

執筆に励む作家カール・オーヴェ・クナウスゴールは、十年前の父の死を回想する。冷たく専制的だった父は、少年時代にも、そしてその後にも、どこか遠い存在だった――。 世界の読書人を熱狂させたノルウェー人作家のベストセラー。


1968年ノルウェー生まれの作家。ベルゲン大学卒業。1998年に発表したデビュー長篇でノルウェー文芸批評家賞を受賞。2004年に発表した長篇第二作はIMPACダブリン文学賞にノミネートされた。2009年に自伝的小説である本書を発表。ノルウェーの文学賞ブラーゲ賞を受賞するなど高く評価されたが、一方で実在する人物を包み隠さず描いたことで議論を呼んだ。同年、本書の続きにあたるMin Kamp 2、Min Kamp 3を、2010年にはMin Kamp 4、Min Kamp 5を発表。2011年に最終巻Min Kamp 6を発表。現在、妻子とともにスウェーデン在住。
0000119652

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません