著訳者 > タ行 > > ディワン, オドレイ > パリジェンヌのつくりかた
著訳者 > タ行 > > ド・メグレ, カロリーヌ > パリジェンヌのつくりかた
著訳者 > ハ行 > > 古谷 ゆう子 > パリジェンヌのつくりかた
著訳者 > ハ行 > > ベレスト, アンヌ > パリジェンヌのつくりかた
著訳者 > マ行 > > マス, ソフィ > パリジェンヌのつくりかた
ジャンル > エッセイ > パリジェンヌのつくりかた
ジャンル > ノンフィクション > パリジェンヌのつくりかた
ジャンル > 画集/写真集/絵本 > パリジェンヌのつくりかた
種類 > 単行本 > パリジェンヌのつくりかた
 

パリジェンヌのつくりかた

価格: 2,376 円(税込)
原書名: How to Be a Parisian
ISBN: 9784152095053
刊行日: 2014/11/21
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

著者 カロリーヌ・ド・メグレ
著者 アンヌ・ベレスト
著者 オドレイ・ディワン
著者 ソフィ・マス
翻訳 古谷 ゆう子
ISBN 9784152095053

ハヤカワ・ノンフィクション 

独特の物憂げな雰囲気。無造作だけどスタイリッシュな装い。自己主張が強く、自由気ままな気質――。世界があこがれるパリジェンヌの掟とは? 必須のファッションアイテムは? 恋愛ルールは? 結婚や子育てのこだわりは? 必読本やオススメの店は? パリで生まれ育った女性4人が明かすパリジェンヌの素顔に、誰もが恋する!

パリジェンヌの秘密を大公開!
●「ナチュラルな美しさ」を手に入れるために、こっそり努力していることって?
●リアルパリジェンヌになれるファッションブランドって?
●必ず喜ばれるプレゼントを見つけたいとき、とりあえず行ってみるショップは?
●部屋をおしゃれに見せるパリジェンヌ流「光の演出」って?
●パリジェンヌの本棚にそろっている本は?
●いつでも自由でいたいから、結婚という形にはこだわらない。でも本心は……?
●子供が生まれても決して"女"を捨てない、パリの母親たちの流儀とは?

パリジェンヌの掟
*「いまの自分の顔」を最大限利用する。必要以上に作りこまない。
*美しくなりたければ、美術館や映画館、劇場へ足を運ぶべし。
*靴は、ぺったんこかハイヒールのどちらか。中途半端なんてイヤ。
*いつでも準備万端でいるべし。「アヴァンチュール」はすぐそこまで来ているから。


◆著者紹介◆

カロリーヌ・ド・メグレ Caroline de Maigret
ソルボンヌで文学を学んだのち、ニューヨークにわたりモデルとして活躍。2006年にパリに戻り、音楽レーベルを設立。2012年からシャネルのアンバサダーを務めるほか、貧困層の女性の自立を手助けするNGO「CARE」の活動を支援している。2014年、ランコムのミューズに就任。

アンヌ・ベレスト Anne Berest
作家。2作の小説のほか、2014年にはフランソワーズ・サガンの伝記Sagan 1954を発表。テレビや映画、舞台の脚本も手がける。

オドレイ・ディワン Audrey Diwan
ジャーナリズムと政治科学を学んだのち、脚本家に。ジャン・デュジャルダン主演、セドリック・ジメネス監督の映画La French(2014年12月フランス公開)の脚本を手がけている。初監督作品が近日公開予定。また、「スタイリスト」誌のエディター・アット・ラージを務める。

ソフィ・マス Sophie Mas
パリ政治学院とHEC経営大学院修了後、映画会社を設立。現在は、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンパウロを拠点に映画プロデューサーとして活躍している。
116634

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません