著訳者 > カ行 > > 喜志 哲雄 > ハロルド・ピンター 1
著訳者 > ハ行 > > ピンター, ハロルド > ハロルド・ピンター 1
ジャンル > ミステリ > ハロルド・ピンター 1
ジャンル > 文芸 > ハロルド・ピンター 1
ジャンル > 戯曲/演劇 > ハロルド・ピンター 1
種類 > ハヤカワ演劇文庫 > ハロルド・ピンター 1
 

ハロルド・ピンター 1

価格: 1,296 円(税込)
原書名: The Hothouse and other plays
ISBN: 9784151400230
刊行日: 2009/07/24
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

著者 ハロルド・ピンター
翻訳 喜志 哲雄
ISBN 9784151400230

病院とおぼしき国営収容施設。患者6457号が死亡、6459号が出産していたという報告に、怒れる最高責任者は職員らを質す。だが事態は奇妙な方向へ……全体主義の暴力を描く『温室』。陳腐きわまりない情事の顛末を、時間を逆行させて語り強烈なアイロニーを醸す代表作『背信』他一篇。日常に潜む不条理を独特のユーモアと恐怖のうちに斬新に抉り出し、現代演劇に革命をもたらしたノーベル賞劇作家による後期作品集(全三巻)

■ハロルド・ピンター
Harold Pinter
1930年、ロンドン生まれ。俳優としてキャリアをスタートし、57年、処女戯曲『部屋』で劇作家に転身。同年に『誕生日のパーティ』『料理昇降機』を発表後、『管理人』(59)で注目を集め、その後『帰郷』(64)などの作品で地位を確立。追いつめられた人間をめぐる不条理を、恐怖とユーモアのうちに描く独特の作風は、その名を冠して"ピンタレスク"と呼ばれる。初期の心理的リアリズムを指向する作風から、『風景』(67)などの詩的な作品を経て、とりわけ『景気づけに一杯』(84)以降は政治色の強い作品を次々と発表。ラジオ・テレビドラマ、映画の世界でも活躍し、《フランス軍中尉の女》(81)《スルース》(2007)などの映画脚本で知られる。人権活動家としても著名で、イラク戦争開戦時にも積極的な反戦活動を展開した。他の代表戯曲に『誰もいない国』(74)『灰から灰へ』(96)など。05年ノーベル文学賞受賞。08年12月24日、78歳で逝去。 330023

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません