著訳者 > ア行 > > アップルゲイト, K・A > アニモーフ 4 海底からの声 4
著訳者 > ハ行 > > 羽地 和世 > アニモーフ 4 海底からの声 4
ジャンル > SF > アニモーフ 4 海底からの声 4
ジャンル > 冒険小説 > アニモーフ 4 海底からの声 4
ジャンル > 児童書 > アニモーフ 4 海底からの声 4
種類 > 単行本 > アニモーフ 4 海底からの声 4
 

アニモーフ 4 海底からの声 4

価格: 1,512 円(税込)
原書名: Animorphs:The Message
ISBN: 9784152500212
刊行日: 2004/05/11
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

著者 K・A・アップルゲイト
翻訳 羽地 和世
ISBN 9784152500212

 キャシーは奇妙な夢をくりかえし見ていた。海の底からだれかが呼びかけてくる夢だ。その声はだんだんはっきりしてきた。SOSだ。だれかが助けをもとめている。しかも、トバイアスもおなじ夢を見ていることを知り、アニモーフの面々はいったいどういうことかと不審がる。
 そんなとき、近くの浜辺でアンダリテの宇宙船の破片らしきものが見つかった。すると、キャシーが夢で聞いた声は、アンダリテの生き残りが深い海のなかから発しているさけびなのか? 助けにいくべきかどうかは、じっさいに夢を見たキャシーの判断にゆだねられることとなる。だが、これまでリーダーシップを取ったことなどないキャシーは、自分の夢だけを根拠にみなを危険にさらしかねない作戦を実行したものか、決断できずになやむ。
 しかし、事態は急速に動きはじめていた。イェルクたちもおなじ情報を手にして、アンダリテが海底にいる可能性に気づいてしまったのだ。ぐずぐずしていれば、やつらが先にアンダリテを見つけてしまう。キャシーはついに決心し、仲間とともにイルカに変身して海にもぐる。そこで彼らは、おどろくべきものに遭遇したのだった! 150021

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません