購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > カ行 > > クルーグマン, ポール > 格差はつくられた──保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略
著訳者 > マ行 > > 三上 義一 > 格差はつくられた──保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略
ジャンル > ノンフィクション > 格差はつくられた──保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略
種類 > 単行本 > 格差はつくられた──保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略
 

格差はつくられた──保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略

価格: 2,052 円(税込)
原書名: The Conscience of a Liberal
ISBN: 9784152089311
刊行日: 2008/06/20
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

ポール・クルーグマン
三上 義一
ISBN 9784152089311

■アメリカではもはや戦後の比較的平等な中流社会は夢と消えてしまった。途轍もないスーパーリッチ層が登場する一方、平均以下の国民の生活はどんどん苦しくなっていく。これはエコノミストの言うとおり、グローバル化や技術革新といった市場の力が生み出した「しかたのないこと」なのだろうか。いや、実は経済的な格差は、レーガン以来の共和党の「保守派ムーブメント」が、金持ち優遇税制や、貧困層から福祉を取り上げることによってつくり上げたものなのだ。特に医療問題は深刻だ。国民皆保険の欠如は、富裕層による医療の独占と価格の高騰を許し、保険に入る余裕のない人々から実質的に医療を受ける機会を奪っている。■では、この民主主義・多数決の国で、一部の利益を代表するにすぎない共和党は、いかにして国民を支配してきたというのか。なぜ恩恵にあずかる人数の多い国民皆保険制度は実現しなかったのか。実は保守派はアメリカ建国以来の原罪である人種差別を明に暗に煽り、脅迫的な手法で国民の支持を集めてきたのだが、彼らのやり口はだんだんと通用しなくなってきている。■来るリベラル派のアメリカは現在の大きな格差を解消し、より平等な民主主義の国をつくれるのか。世界が注目する経済学者が、道義にもとる反動的な保守勢力の横暴を暴き、真に進歩的な国への道筋を照らし出した話題の書。
0000112167

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません