購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 

クリストフ, アゴタ

Agota Kristof 1935〜 <スイス>

作家、脚本家。ハンガリー生まれ。1956年のハンガリー動乱の折りに西側に亡命して以降、スイスのヌーシャテル市在住。1986年にパリのスイユ社から世に送り出したフランス語の処女小説『悪童日記』によって一躍脚光を浴び、その後、続篇の『ふたりの証拠』(1988)、『第三の嘘』(1991)を発表して三部作を完成させ、力量ある第一級の作家としての地位を確立した。三部作は世界30カ国以上で翻訳され、数多くの熱心な読者を獲得した。日本では1991年に『悪童日記』が翻訳出版されると、読書界に衝撃と感動の渦が巻き起こり、多くの文学者・作家・評論家から絶賛の声が寄せられた。著者が来日した1995年に発表の『昨日』も大きな反響を呼び、戯曲集『怪物』『伝染病』が相次いで刊行された。2006年には自伝『文盲』が邦訳され、話題となった。

総 5件

  • 悪童日記

    悪童日記

    713円

  • 第三の嘘

    第三の嘘

    713円

  • 昨日

    昨日

    670円