購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
 
ホーム > お知らせリスト >【11/18(日)】『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』の岡本裕一朗氏が、『WIRED』リブート号刊行トークイベントに登壇決定!

お知らせ

【11/18(日)】『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』の岡本裕一朗氏が、『WIRED』リブート号刊行トークイベントに登壇決定! (2018/11/09)

『WIRED』日本版のビジネスパーソン向け人気講義をもとにした新刊『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』を早川書房より上梓した哲学教授、岡本裕一朗氏が、下記のイベントに登壇します。

ついにリブートを果たす『WIRED』日本版編集長の松島倫明氏、ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉受賞作『構造素子』でデビューした樋口恭介氏とともに”答えのない世界に立ち向かう”貴重な2時間。ふるってご参加ください。
 
〔イベント名〕
【『WIRED』リブート号 刊行トークイベント】
答えのない世界に、どう立ち向かうか
——AI・バイオサイエンス・資本主義の未来をめぐる思考

 
〔日時〕
11月18日(日)14:00〜16:00
 
〔場所〕
梅田蔦屋書店 4thラウンジ
 
〔出演者〕
岡本裕一朗(玉川大学教授)
樋口恭介(SF作家)
松島倫明(『WIRED』日本版編集長)
 
〔参加費〕
1,500円(税込)
 
〔定員〕
80名
 

詳細とお申込みについては、こちらをご覧ください。

 
○登壇者プロフィール
岡本裕一朗|哲学・倫理学者、玉川大学教授
1954年生まれ。2017年に開催された「WIREDの哲学講座」。その講義内容である、「人工知能」「バイオサイエンス」「資本主義社会の行方」をテーマに世界の哲学者の思考を学んだ授業と、ゲスト講師を囲んでのディスカッションを、『答えのない世界に立ち向かう哲学講座——AI・バイオサイエンス・資本主義の未来』(早川書房)として上梓。その他の著書に、人工知能や遺伝子工学など、現代社会のさまざまな問題に対し、世界の哲学者たちの思考をまとめあげた『いま世界の哲学者が考えていること』(ダイヤモンド社)や、『12歳からの現代思想』『思考実験 世界と哲学をつなぐ75問』(ちくま新書)などがある。
 
樋口恭介|SF作家
1989年生まれ。早稲田大学文学部卒業。会社員の傍ら、2017年に投稿作品『構造素子』が第5回ハヤカワSFコンテストで〈大賞〉を受賞し、作家デビュー。2018年、『構造素子』で言及した、ニューヨークのブルックリンを拠点とするミュージシャン、ダニエル・ロパティンのソロ・プロジェクト〈ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー〉のアルバム『Age Of』では、歌詞監訳を担当している。『WIRED』のリブート号となるvol.31では、2073年、お金がなくなった世界で、人々がニューロン同士を繋げてコミュニケーションする社会を描いた小説を執筆。
 
松島倫明|『WIRED』日本版編集長
1972年生まれ。一橋大学にて社会学を専攻。96年にNHK出版に入社。村上龍氏のメールマガジンJMMやその単行本化などを手がけたのち、2004年から翻訳書の版権取得・編集・プロモーションなどを幅広く行う。2014年よりNHK出版放送・学芸図書編集部編集長。手がけたタイトルに、デジタル社会のパラダイムシフトをとらえたベストセラー『FREE』『SHARE』『MAKERS』のほか、15年ビジネス書大賞受賞の『ZERO to ONE』や『限界費用ゼロ社会』、Amazon.com年間ベストブックの『〈インターネット〉の次に来るもの』など多数。
 

『答えのない世界に立ち向かう哲学講座――AI・バイオサイエンス・資本主義の未来』
著者:岡本裕一朗 定価:本体1,600 円+税 刊行日:2018年11月6日
判型:四六判並製、320頁 ISBN: 9784152098092

構造素子
『構造素子』
著者:樋口恭介 定価:1,900 円+税 刊行日:2017年11月21日
判型:四六判上製、408頁 ISBN:9784152097279


 
リストを見る