購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • AXNミステリー
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
 
ホーム > お知らせリスト >本年度「本屋大賞」発表! 『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』『熊と踊れ』が翻訳部門上位にランクイン!

お知らせ

本年度「本屋大賞」発表! 『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』『熊と踊れ』が翻訳部門上位にランクイン! (2017/04/12)

全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2017年本屋大賞」が発表となり、
翻訳小説部門の第2位にピーター・トライアス『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』(中原尚哉 訳)、
第3位にアンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ『熊と踊れ』(ヘレンハルメ美穂&羽根由 訳)がランクインしました。
 
『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』は、第二次大戦で日独が勝利した世界で、巨大ロボット兵器「メカ」が闊歩する「日本合衆国」を描いた本格SF作品。
「SFが読みたい! 2017年版」でも海外篇第2位を獲得するなど大きな話題となりました。著者は「メカ」成分を大幅増量したシリーズ第二作を執筆中とのこと。どうぞご期待ください!
 
第3位の『熊と踊れ』は、三人の兄弟が史上例のない連続銀行強盗を画策する北欧ミステリの大作。衝撃の続篇『EN BROR ATT DÖ FÖR』も今後邦訳予定です。
ルースルンドのもう一つの代表作『制裁』から始まる〈グレーンス警部〉シリーズも、今後『ボックス21』、『死刑囚』、そして未訳の傑作『通りの下の少女(仮)』と順次刊行予定!
 
話題沸騰のベストセラーとなっている両作、ぜひお楽しみください!

 
      

リストを見る