氷と炎の歌 cover
世界 cover
ストーリー cover
本 cover
著者 cover
イラストレーション:鈴木康士
New
■2013.01.25■ ハヤカワ文庫SFから『乱鴉の饗宴』(全2巻)出ました。
■2012.10.24■ ハヤカワ文庫SFから『剣嵐の大地』(全3巻)出ました。
■2012.06.22■ 登場人物名・用語を統一した改訂新版『王狼たちの戦旗』(全2巻)出ました。
■2012.03.23■ 登場人物名・用語を統一した改訂新版『七王国の玉座』(全2巻)出ました。
■2008.08.08■ 主要登場人物名・用語対照表を掲載しました。
■2008.07.30■ 『乱鴉の饗宴』の訳語変更に関するお問い合わせについて。
■2008.07.30■ 酒井昭伸氏による『乱鴉の饗宴』の訳者あとがき、および用語解説掲載しました。
■2008.07.23■ 『乱鴉の饗宴』における訳語の変更について。
■2008.07.17■ 《氷と炎の歌》第4部『乱鴉の饗宴』上巻、
同じく下巻予約できます。
■2007.07.25■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第5巻発売!
■2007.07.18■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第5巻(完結)予約できます。
■2007.06.22■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第4巻発売!
■2007.06.12■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第4巻予約できます。
■2007.05.24■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第3巻発売!
■2007.05.14■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第3巻予約できます。
■2007.04.24■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第2巻発売!
■2007.04.16■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第2巻予約できます。
■2007.04.04■ 七王国の勢力地図を掲載しました。
■2007.03.23■ 《氷と炎の歌》第2部『王狼たちの戦旗』文庫第1巻発売!
■2007.01.24■ 《氷と炎の歌》がアメリカでテレビドラマ化!
■2007.01.16■ 読んでおきたい一篇「放浪の騎士」
■2007.01.10■ 《氷と炎の歌》第3部『剣嵐の大地』第3巻発売!
■2006.12.29■ 《氷と炎の歌》第3部『剣嵐の大地』第3巻、1月1日より予約受付開始
■2006.12.08■ 第3部を買おうかどうか迷っている方のために、第1巻のプロローグを全文掲載
■2006.12.07■ 《氷と炎の歌》第3部『剣嵐の大地』第2巻発売!
■2006.11.29■ 《氷と炎の歌》第3部『剣嵐の大地』第2巻予約受付開始
■2006.11.10■ 第3部を読む前にちょっと復習。(注意!第2部の内容に触れています)
■2006.11.08■ 《氷と炎の歌》第3部『剣嵐の大地』第1巻発売!
■2006.10.31■ 《氷と炎の歌》第3部『剣嵐の大地』第1巻予約受付開始

心をがっちり掴んではなさない、
素晴らしい本である。
――ロバート・ジョーダン (〈時の車輪〉シリーズ著者)

おそらくエピック・ファンタジイ史上
最高の作品といっていいだろう。
きわめて面白く、現実主義的でもある。
――マリオン・ジマー・ブラッドリー (〈アヴァロンの霧〉シリーズ著者)

ジョージ・R・R・マーティンは
現代のもっとも優れた書き手の一人であり、
この本は、かれのもっとも優れた
作品のひとつである。
――レイモンド・E・フィースト (『フェアリーテール』著者)

マーティンは、この圧倒的に中身の濃い物語によって
ハイ・ファンタジイの世界に華々しく凱旋した。
――パブリッシャーズ・ウィークリー誌


本サイトの文章、画像などの著作権はすべて早川書房または記事執筆者、画像提供者に属します。
(C)2006-2008 Hayakawa Publishing Corporation All Rights Reserved.